耐震対策に備えて関東地震予測サービスを利用しよう

メンズ
  1. ホーム
  2. 到達前に発表しています

到達前に発表しています

男の人と女の人

地震の予報は国土交通省に属している気象庁が主に行っていて、他にも民間の団体や個人が独自の調査を元に発表しています。また気象庁では予報以外に警報も行っていて、特に予想される震度が6弱以上の場合は特別警報として発表しています。これらの気象庁の情報はテレビ・ラジオ・携帯電話で入手することが可能で、他にも緊急地震速報を受診できる専用の端末もあります。専用端末の場合は表示面積も大きく、オフィスや学校といった場所で複数の人間に一度に知らせることができるので人気があります。さらに地震が到達するまでのカウントダウンを行う機能や、指定した地域の震度を調べる機能も備えているので非常に便利です。なお端末は、気象庁長官の許可を得ている地震動予報業務許可事業者が製造しているので安心できます。

気象庁や民間が行う地震の予報は、地震が起こるメカニズムの中の一部を利用したもので、100%的中するわけではないことを予め理解しておくことで便利に利用することが可能です。また地震の多い地域では誤報によるトラブルが起こりやすいので、一つだけではなく複数の情報を把握しておくと安心して生活することができます。気象庁では全国を200に分割した地区で予報を行っていて、地震の発生時刻や震源地の測定も可能なので、精度の高い情報を得ることができます。さらに第1報から最終報まで複数の予報を断続的に発表して、情報を聞き逃す人をできるだけ少なくしています。なお地震速報の受信端末を販売している業者は、緊急地震速報利用者協議会のホームページで紹介されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加