耐震対策に備えて関東地震予測サービスを利用しよう

街
困る人

防災対策が大切です

活断層の多い日本ではいつ地震が発生してもおかしくありません。そのため気象庁などが発表している地震予測データなどを参考として常日頃から備えておくことが大切です。また携帯のアプリには緊急地震速報などもあるので、災害時の備えとしてダウンロードしておくようにしましょう。

危機に対する意識の向上

女性

行動計画に役立てる

地震災害の多い日本では予測に関連する研究が進められ、情報を発信するサービスが増えてきています。予言や占いとはまったく別のもので、研究データを具体化し、予測情報を早い時期から発信中です。近年では何かと話題になる関東地震ですが、前例や最新のデータから見ると間違いではないといわれています。しかし、うわさ話が悪ふざけで拡散されているケースも多いため、関東地震の予測情報は専門サービスからの入手が望ましいでしょう。関東地震の予測情報は、例えばその時点で可能性が低い場合、安心して終わらせてしまっては意味がありません。発生した際に正しい行動が取れるようにするものであり、安全なときだからこそ行動計画と訓練も併せて実施します。

正しい備えと避難

東京湾や千葉・茨城沖は地震が発生しやすい構造となっているため、大型の関東地震に対する関心が年々高まってきています。予測サービスはさらなる防災意識の向上に役立ち、自分や家族の安全が守られると好評です。また、スマートフォンやタブレットが普及したことにより、出先でも情報が得られるシステムが作られています。関東地震で予測される被害は、沿岸部は津波、内陸部は火災といったようにエリアで分かれています。予測情報は震源地も含まれているため、正しい避難方向が計画でき、移動手段や十分な避難用品の準備が可能です。一般家庭と企業のどちらでも活用できるのが予測サービスのポイントで、関東地震と併せて広域情報にも対応しています。

ヘルメット

未来の防災対策

地震予知は難しいとされているが、様々な研究者などにより研究がされている。最近では個別の機関や研究者などが地震予知の情報を提供するサービスなどもあり、登録する人も増えている。これらにおいては、信頼性が重要になる。

男の人と女の人

到達前に発表しています

地震の予報は気象庁をはじめ様々な民間団体や個人が行っていて、気象庁では震度6弱以上の大きな地震が起こった場合には特別警報も発表しています。また緊急地震速報の受信端末もあり、複数の人に対して一度に知らせる他に、到達までのカウントダウン表示や指定したエリアの震度を調べることもできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加